冠婚葬祭のマナーを知ってステップアップ!

>

ああ恥ずかしい!やってはいけないNGマナー

成人式で奇抜な髪型はOK?

毎年奇抜な髪型や服装、または一部傍若無人な振る舞いをする若者がピックアップされる成人式ですが、そもそもこのような振る舞いはマナー違反ではないのでしょうか?
確かに式場で暴れる、話しを遮るのはNGですし警察沙汰になってしまうケースもあります。しかしあの奇抜な服装や髪型はマナー違反ではありません。
そもそも成人式というのは成人になった門出を祝う儀式ですので、迷惑行為をしなければ問題はないのです。とはいっても限度がありますので女性は振袖、男性はスーツか袴が一般的です。
お酒を飲める年齢であれば嗜んでも問題はないですがお酒に飲まれてしまう、あるいはハメを外し過ぎて次の日に支障をきたしてしまうというのも大きく言えばNGマナーです。

お盆でやってしまうマナー違反とは?

子どもの頃は夏休みを利用して祖母、祖父の実家へ帰省する。あの頃は気にも留めていませんでしたが、お盆にも数多くのマナーがあります。
まず仏壇に手を合わせる前にその家の宗派を確認しておきましょう。異なる唱名をとなえるととても失礼ですし、日本は無宗教の方が多いので気にかけていない方がいるのも事実です。
また仏壇に備える御霊前御仏前用の金封の向きですが、自分の方に向いていませんか?ご先祖様にお供えするのでご本尊に向けるのがベストです。
服装に関しては浴衣で行く方もいる様ですが、浴衣=寝間着、部屋着といった服装であると思っている方もいらっしゃるようなので洋服で行き、どうしても浴衣を着たい場合には着替える必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る