冠婚葬祭マナーを身に付ける方法

冠婚葬祭のマナーを知ってステップアップ!

とにかくまず調べてみよう

私達の生活には無数のマナーがあります。食事のマナー、ビジネスマナーといったTPOに合わせた振る舞いが必要になるのですが、これらのマナーは一体どこで身につければよいのでしょうか?人に聞いても良いのですが、場合によっては「世間知らず」「常識が無い」とレッテルを貼られてしまう事もあるのです。
ちなみに冠婚葬祭という言葉は良く聞きますが、一体どんな事を指しているのでしょうか?人間が生まれてから死ぬまでの間に行われる催し物を指す言葉で、冠は成人式を表し、婚は結婚、葬はお葬式で、祭は法事やお盆を指します。この催し物の際に見合った服装はもちろんですが、立ち振る舞いが出来ると「マナーのある人」「常識人」という良いイメージを与える事が出来ます。
しかしやっかいな事に時代と共に仕様が異なるケースや地域によって全くしきたりが異なる場合もあります。ここでは一般的な冠婚葬祭のマナーを公開させて頂きますが、地域や土地との結びつきが深い場所で冠婚葬祭を行う場合はあらかじめ確認を必要です。
マナーを守るのは、その場に適していると思われるだけではなく自分の品格を上げる、または自分を守る事にも繋がりますので、これをきっかけに正しいマナーを知ってみませんか?初心者やまだ冠婚葬祭に参加した事が無い方にも分かりやすく説明していますし、やってはいけないNG行為についてもまとめています。呼ばれるよりも前に正しい知識を身につけて、冠婚葬祭に挑みましょう。

TOPへ戻る